読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

札幌市中央区 桜井塾の不安や心配これで悩みは解消する!

札幌市中央区の桜井塾では、不安や心配など悩みを抱えた方の心がスッキリするスキルやノウハウを提供するブログです。

今日は何もしたくない・やる気が出ない時の原因と対処法とは

今日はやる気がでない・何もしたくない時の原因と対処法とは

 

本日も塾長ブログへお越しいただき誠にありがとうございます。

3月25日 札幌 桜井塾の思考パターンを変える! 塾長ブログへようこそ!!

 

感情のコントロール

結構難しい時もありますよね。

その中でも、どうもやる気がでない。やらなきゃいけないことがたくさんある時に限って・・・・・・・・・・・そんなタイミングが悪い時もありそうです。

この『今日はやる気がでない』

でも、やらなきゃいけない・・・・・・・・・・・・・・

いったいこの『やる気がでない』何もしたくなくなる原因は何なのでしょう?

 

 

その原因の一つは『たまりすぎ』です。

 

体の疲れはひどくなると熱が出たりなど、比較的分かりやすく判断ができ『今日は早く寝よう』など対策も取りやすい時もあります。

これに対して心の疲れはどうでしょう?

『大丈夫、頑張らなきゃ!』などと言い聞かせてついつい頑張ってしまいそう・・・・・・・・

この『疲れ』がたまっていき、ある一定値まで来ると『だるい・・・・・・』そして『動きたくない・・・・・・・・・』

限界値まで来ると熱も出そうな気がします。

疲労がたまってくると『何もしたくない』こんな気持ちに押しつぶされてしまいそうです。これも、あなたを守るサインなのかもしれませんね。

 

家庭でもやらなきゃいけない時もあるでしょうし、お仕事には納期があったり、どうしてもやらなきゃ間に合わない時もありそうです。

『休みたい』これはあなたの体から発信された正直なメッセージかも知れません。

しかし、やらなきゃならない・・・・・・・・・・・・・・

 

では、いったいどうすればいいのか?

明日のために明後日のために『今日発散する!』これが大切です。

 

そんな時間がない・・・・・・・

しかし、そのうち限界が来るのかも知れません。

そうなってから休みたいですか?

毎日ためたものは少しづつ掃出したいですか?

 

疲れをとる方法の中には色々とあるかも知れません。その一つに『入浴』なんかもありそうですね。

最も効果的なのは『質の良い睡眠』かも知れません。

その他、音楽、香りなど疲れをとったり癒したりするグッズなどもありそうです。

 

 

自分の体が借り物だとしたら・・・・・・・・・・・・・・・

今の自分は大切に扱っている気がするのでしょうか?

思考と体が別物だとしたら?

 

『体の声を聴く』

これをしても不幸にはならないような気がします。

 

今日はやる気がでない・・・・・・・・・・・・・・・・

何もしたくない・・・・・・・・・・・・・・・

 

しかし、やらなきゃならない。

疲れた時は休む!無理をしないで!

それは分かっているけど代わりもいないし、責任があるし・・・・・・・・・・

 

なので『日々の積み重ねが大切』です。

お金はためた方がいいのかも知れませんが『ストレスと疲れ』はためたくないものです。

 

毎日コツコツと発散していくことが効果的です。

自分の体が借りているものだとしたら・・・・・・・・・・・・・・

その体に気を使ってあげれますか?

周りの人に気を使うみたいにしてあげられますか?

 

ずっと一緒に居てくれた体

これからもずっと一緒にいてくれる体

 

本当は借りてるだけなのかも知れないのに・・・・・・・・・・・・

 

あなたが迷ったりする人であれば

多分、あなたの中に相反する意見をもつ人が存在するのかも知れません。

やろうとする人、やりたくないと言う人

悩んだり、迷ったりするとき、こんな相反する意見があるとするならば、あなたの中には存在しているのかも・・・・・・

 

あなたの最大のパートナー

毎日『お疲れ様』と言って癒してあげたことはあるのでしょうか?

 

借りているからだ、共存する意識や思考

これらと上手く付き合っていくと今後の人生はどのように変わって行くのでしょう?

 

本日も最後までご覧いただき誠にありがとうございました!


今日も自分の中の自分と上手く付き合えるといいですね~!

桜井塾からのお知らせ

今月のセミナー及び無料体験説明会のお知らせ

今月のカウンセリングのご予約状況

お問い合わせは

☎011-252-9588

✉info@teamfree.main.jp


優柔不断・迷う人・決められない人が決断できる人になれる!!

迷う人・決められない人!どうしていつも決められないのか?

 

本日も塾長ブログへお越しいただき誠にありがとうございます。

3月24日 札幌 桜井塾の思考パターンを変える!塾長ブログへようこそ!!

 

 

中々決められない人。

色々と考えて、最後の2選択になってもまだ決められない・・・・・・・・・・・・

この人たちに共通して働いているもの

 

それは『決定回避の法則』

 

何度も考えて議論をして、意思決定することなく決定を先送りにする人・・・・・・・・

 

どうしてこんなことになってしまうのか?

 

それは現状維持バイアスがかかっているからなのか?

 

これは、現状を現状のまま維持していたいと言う『心理欲求

 

現状のままでいい!

焦ることはない!

今すぐ決める必要はない!

もっと決定付けるものが・・・・・・・・・・

 

そして、やらない、出来ない、そんな『理由』を探してしまう。

結末は

『決定しないと言う決定をする』

 

こういう人も多いかも知れませんが、近くに居ると困ることもありそうです。

 

しかしいったい・・・・・・・・・・・

どうして?

 

決断力のない人。

何を決定するのかで頭を悩ませている訳ではないのかも知れません。

ではいったい・・・・・・・・・

それは

今この瞬間に何かを決めなければならないと言う『決断』ができないのかも知れません。

そうすると、今この瞬間に変化しなければならない理由を探すのかも知れません。

 

 

人は選択肢が多くなると中々行動ができなくなってしまう時もありそうです。

そして、選択肢が広がり過ぎるとかえって普段と同じものを選んでしまったり・・・・・・・

 

人は毎日多くの選択をしながら生きています。

『決定回避』

『現状維持』

どちらも自分の未来に役立つのであればいいのかも知れませんが、そこでチャンスを逃すはめになったり、マイナス要素を生み出すのであれば変えられた方がいいのかも知れませんね。

 

相談を受けていて『中々決めれない』と言う人も多くいます。

色々なバイアスがかかっていたりもしますが、時にはこんな人もいます。

 

情報をたくさん集めて精査して、それでもまた情報を集めて精査して、そろそろ決定か?と思いきや、またまた情報を集めて・・・・・・・・・・・・・・・

いったいいつになったら決めるんですか?と聴いてみても・・・・・・・・・・・まだ情報が・・・・・・・・・・・・・・

なんの情報ですか?

もうこんなにいっぱい集まって散々検討もしたのに・・・・・・・・・・・・・・・

 

中々決定ができなくて行動ができない人

この人たちに共通している事

それは

『もっと完璧に納得ができる!そんな決め手となる情報がこの世にあるのでは?』と思っているのかも知れません。

どんなに探しても進まなければ分からないことだって世の中にはありそうです。

 

絶対!

これを追い求めてもない時もたくさんありそうです。

 

世の中にはやってみないと分からない。

進んでみないと見えてこないものもありそうです。

 

先がどうなっているのか分からない時は誰でも不安なのかも知れません。

しかし、進んでみないと分からない状況で、その場でいくら情報を集めても、考えてみても分からないのであれば進むか?やめるか?どちらかに決めるのも一つかも知れません。

 

もちろんやめるなら、そこからは別のことに集中してどっち付かずにはならない様にはしたいものです。

 

『感情系と思考系』

 

その選択は正しく判断されているのか?

 

感情のコントロールが不能になると、不満や愚痴も多くなってくることも・・・・・・・・・・・・・・・

 

正しい判断をする場合には『思考系』が上手く働いた方が良さそうな気もします。

 

普段から『思考系』を優位に働かせることも必要そうです。

 

トレーニング方法としては、簡単なものからどちらか決める癖をつけて行くことです。

後に後悔をしない選択ができたかのフィードバックもお忘れなく。

自分の傾向を知って調整をしながら決断力を身に付けて行くと将来的に役にも立つような気もします。

 

決断が早く後悔をしない!

そんな正確な『判断』ができると尊敬されてしまうかも・・・・・・・・・・・・・

 

優柔不断でいいことはあるのか?

チャンスはずっと止まっていないし、ここ一番では勇気をだして後悔しない決断をしたいものです。

 

本日も最後までご覧いただき誠にありがとうございました!
明日も一日迷わずに過ごせるといいですね~

桜井塾からのお知らせ

今月のセミナー及び無料体験説明会のお知らせ

今月のカウンセリングのご予約状況

お問い合わせは

☎011-252-9588

✉info@teamfree.main.jp


 

自分の世界観でものをみる!!都合のいい情報ばかり集めると罠にはまりそう

自分に都合がいい情報を集める人が陥る!最も危険な罠とは?

 

本日も塾長ブログへお越しいただき誠にありがとうございます。

3月24日 札幌 桜井塾の思考パターンを変える塾長ブログへようこそ!!

 

人は時に自分の都合のいい情報ばかり集めてしまう時があったり・・・・・・・・・・・・

『自分は正しい!!』

これの度が過ぎると後々困ったことにもなってしまったり・・・・・・・・・・・・・

 

真実から目を背けてしまう・・・・・・・・・・・・・・・・

自分が正しい!と証明する情報は探すが、反証となる情報は受け付けない・・・・・・・・・・・・・

自分と同じ意見の人を探し求めてみたり・・・・・・・・・・・・・・・・

 

こんな作用が働いて来たら少し用心をされてもいいのかも知れません。

そしてこの作用は『確証バイアス』と呼ばれています。

 

もしかしたら、多くの方が『間違いより正しい』方がいいと思っていそうですよね。

もし、自分の信じているもの、信念が否定されたらどうでしょう?

あなたは、再確認ができる情報を集めますか?

 

【確証バイアスとは】

自分の考えが正しいのか?違うのか?を検証する時に、自分の考えを証明できる情報ばかりを探し、反証情報にはフォーカスしない傾向が強く出てしまう。

これを『確証バイアス』といいます。

 

例えば

Aと言うことを耳にしたとします。その情報を裏付けるものが見つかると、この情報は正しいと証明されたような気になってしまうことも・・・・・・・・・・・

しかし、よくよく調べると反証情報の方がかなり多かった・・・・・・・・・・・・・・

なんてこともあるかも知れませんね。

 

よく心理学の例え話しにもでてくるものに『血液型と性格』があります。

A型の人=几帳面

B型の人=マイペース

などと言われていたり・・・・・・・・・・

ここにはバーナム効果の働きもあるのかも知れませんね。

 

話しは戻りますが、出来れば人を判断する時も一つの情報だけで決定しないで、色々な側面から見て、出来ればその人の良いところなども見てから判断をしていきたい!そう思っている人もいるのではないでしょうか?

 

『自分の世界観と一致する視点』

 

これが原因の一つかもしれませんね。

 

 

できれば、視野を広く持って生きていけるとストレスも少なくなってきそうです。

他人の経験から学ぶことも時には必要だったりもしそうです。

 

しかし、ここで気を付けたいことが・・・・・・・・・・・・・・・

自分が良かれと思っていたAと言う情報を多くの人がその意見に賛同した時。

あなたの信頼する人はBだと言う。

あなたは考えて、調べてみてもAだと思う。

しかし、あなたの信頼する人はその道のプロ

だが、調べてみても周りに聞いても答えはやはりAだった。

 

あなたはこんな時、どうしますか?

 

本日も最後までご覧いただき誠にありがとうございました!

今日の残りも、視野を広く持てるといいですね~!

桜井塾からのお知らせ

今月のセミナー及び無料体験説明会のお知らせ

今月のカウンセリングのご予約状況

お問い合わせは

☎011-252-9588

✉info@teamfree.main.jp


自分の思い通りにならない!そんな時イライラしなくなる3つの方法!

思うようにならない!悩む!イライラしなくなる3つのこと!

 

本日も塾長ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。

3月20日 札幌 桜井塾の思考パターンを変える塾長ブログにようこそ!!

 

 

思うようにならないと、ついついイライラしてしまう!こんな経験は多くの方にありそうですね。

思い通りにならなくて悩む・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

思い通りにならなくてイライラする・・・・・・・・・・・・・・・・・

できれば思い通りになる方が良さそうですが、これが中々そうもいかないところではないでしょうか?

 

悩む人であれば、どうして・・・・・・どうして・・・・・・・・・・・・・私が悪いの?なんでわかってくれないの?

私の何を変えればいいんだろう?自問自答しても周りに相談をしても変われない・・・・・・・・・・・・

 

ついイライラしてしまう!分かってるけどイライラしてしまう・・・・・・・・・・・・・・そして思ったことや言いたくないことやキズつけることまで言ってしまう・・・・・・・・・・・・・・

イライラを沈めようと思っても中々できない・・・・・・・・・・・・

ストレス発散をしに行ってもどうも思い出してしまう。

 

イライラしないようにと思っていても感情のコントロールは難しい・・・・・・・・・・・・

 

 

思うようにならない!悩む!イライラしなくなる方法を、3つに分けてお伝えしたいと思います。

 

言われる前にしてほしい

クライアント様のお話しを聴いていると『察して欲しい。言わなくてもそれぐらいしてほしい』と言う方もいらっしゃいます。

確かに私もそう思う時もありますが、できればイライラはしたくないような・・・・・・・・・・・・・・

言わなくても分かって欲しい!

言う前にやって欲しい!

ただ、それでイライラして相手が言う前にしてくれるのを待つのと、やって欲しいことを自分から言うのではどちらが自分にとってはいいのでしょう?

なんか・・・・・・・・・損した気分になってしまって・・・・・・・・・・・・・こんな人もいるかも知れませんね。

言われてからやってもらっても・・・・・・・・・・・・・・・・・そんな人もいるかも知れませんね。

 

しかし、イライラはイライラを呼ぶような気がします。実際はイライラ思考が目を通して外部を見るのでイライラするものにフォーカスをしてしまうこともあるのですが、それも習慣化したらどうでしょう。

逆に、して欲しいことを自分から言ってやってもらって快適に過ごしていけると、またそれも習慣化したりして行くような気がします。

どちらを習慣化したいですか?これはそのうち無意識におこうようになりそうです。

 

無意識に『イライラ』するようなことを探す!!

目に映るもののイライラする部分にフォーカスをしてインプットする!そしてイライラ・・・・・・・・・・・・・・

 

 

イライラしなくなる1つ目の方法は

『自分から思いを伝える!』ことです。

 

 

伝え方とは

自分から思いを伝える!これは思っているのに相手がそのように行動してくれないなど、言いたいけど言えないけど、こうして欲しい、ああして欲しいなど心の中で言いたいけど言わない、けどやって欲しいなどの矛盾が起こった時にモヤモヤしたりイライラしたりする。

そうであれば相手に伝えることがシンプルで簡単な事なのかも知れません。思ったことを伝えてみる!

ただ、ここで少し気を付けたいのが『伝え方を考える』ことではないでしょうか?

そしてこれには大切なことがまだありそうです。

 

『思ったことを相手に伝える!!』 この時に意識したいこととは?

1・伝え方を考える

2・伝える順番を考える

3・伝えるタイミングを計る

これは抑えておきたいところかも知れません。

 

 

イライラしなくなる2つ目の方法は

『伝え方を考える』ことです。

 

 

 

 

手放すこととは

思うようにならない!悩む!イライラしなくなる3つ目の方法とは

手放すことです。

手放すと言っても何を手放すのか?それはあなたの

『思い通り』です。

これはこうであってほしい!そんな『思い通り』が多ければ多いほど、イライラすることが多くなるのかも知れませんね。

ここでも、なんで私が・・・・・・・・・・・・妥協しなきゃいけないの?と思われる方もいるかも知れません。

妥協なのか手放すのか?似てるけど意味は違うような気がします。我慢ではなく意識しないと言うことかも知れません。

これは慣れるまで少しお時間がかかる人もいるのかも知れませんが人生をスムーズに生きるために必要な事かも知れませんね。

いらない固定観念や価値観などを手放すと、少し生きやすくなるような気もします。

 

イライラしなくなる3つ目の方法は

『思い通りを手放す』ことです。

 

 

こんな時は

思うようにならなくて悩む!

どうして分かってくれないの?

どうしてそんな言い方をするの?

どうしてそんな扱い方をするの?

どうすればいいの?

 

1・そうならないように努力をする

2・流れに任せる(自分のこうであるべきだ!を手放す)

3・受け取り方(解釈)を変える

 

米国NLP協会認定資格取得講座でもお伝えしておりますが、受け取り方(解釈)を変えることを

『リフレーミングと言います。

 

これは、内容や状況を変えるなど、受け取り方や解釈を変えたり状況を変えたりするものです。

世の中には受け取り方を変えればいいものと、再発防止のために改善した方が先を考えた場合よいときもありそうです。

何度も同じ思いや経験をするのであれば『改善』をしていった方が価値が高いかも知れませんね。

 

流れに身を任せることも『バランス』を考えてしないと、自分が自分でなくなってしまうようなことにも・・・・・・・・・・・・・

 

人間は成長するものです。そして学習能力があります。

同じことで悩んだりする場合、原因を探究して改善を図ることは自分の人生にとって価値のあることになるかも知れません。

 

 

思うようにいかなくてイライラする!!

ここではまず、どうして思い通りにいかないのか?何が原因なのか?を検証して改善すると、再発の可能性も低くなりそうです。

ここでも『リフレーミングをして捉え方を変えたいところではありますが、これも再発の可能性があるのか?ないのか?なども考えて行なわれた方がいい時もありそうです。

その時に怒りを抑えたい場合には、『手をグーにして思いっきり握る!』これを数分間やってみる!

イライラしてすぐに何とかしたい場合に試してみる価値もありそうですよ~

 

 

本日も最後までご覧いただき誠にありがとうございました!

明日はイライラしない一日が過ごせますよ~に!!

桜井塾からのお知らせ

今月のセミナー及び無料体験説明会のお知らせ

今月のカウンセリングのご予約状況

お問い合わせは

☎011-252-9588

✉info@teamfree.main.jp


幸せになれる人が必ずやっている!感謝の気持ちを幸せに変える方法!

感謝の気持ちを幸せに変える!幸せな人が必ずやっていることとは?

 

 

本日も塾長ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。

3月20日 札幌 桜井塾の思考パターンを変える塾長ブログへようこそ!!

 

『幸せになりたい!』多くの人がそう願っているのではないでしょうか?

物心共に豊かになるといいですよね~

 

いったいどうしたら『幸せになれるのか?』

 

まずは『笑顔』です。

簡単そうで難しい・・・・・・・・・・・・・・

笑顔でいるようだけど周りにはそのように映っていない・・・・・・・・・・・・・

このギャップには調整が必要そうです。

これはカメラと同じような感じです。『ピントを合わせる』ことが大切です。

人間は『振動』との関わりが大きそうです。笑った時の振動は幸せになったりできそうな気もします。

 

 

そして次は『関心』を持つことです。

自分を楽しませるには興味を持つことが大切です。

無関心は時に無気力にのまれてしまう時もありそうです。

関心がなくなり→やりたいことがなくなり→動きたくなくなり→この先は予測がつきますよね?

 

逆に関心を持つと→好奇心が旺盛になってきます→好奇心はワクワクを生み出したりもしそうです。

実際に行動をしていくと自分がイキイキしてきそうです!!

イキイキしている人は明るそうですよね!!

 

 

そして、次に『目標を立てる』ことです。

ここで気を付けたいのが、あまりに遠い目標を立てないことかも知れません。桜井塾で開催しているプロコーチ養成講座でもお伝えしているのですが、あまりににも遠い目標を立てても諦めてしまう可能性も出てきそうだからです。

例えば、

キャッチボールをしたとしましょう!自分と相手の距離が500m離れて『投げていいですよ~』って言われた時、あなたは相手に向かってボールを投げますか?

あまりに遠すぎるといかがでしょうか?

投げる気にもなれない人も多いのではないでしょうか?どのくらいの距離なら投げれそうですか?

目標もそのくらいの位置に設定された方が取り組む気になれそうではないですか?

 

 

まだまだ色々とありますがこれは『最も大切』です!!

その大切な事とはなにか?

 

それは『今を生きる!!』です。

人間は今この瞬間にしか感じることができないのかも知れません。

過去にも未来にも感じることはできません。

幸せ、心地いい、喜び、楽しい、うれしいなど、これらは全て感じることしかできないものです。

 

この中でも今日のテーマでもある『幸せ』

これも今この瞬間にしか感じることができないのです。

 

どこに行っても何をしていても『そこに喜びを見出せるか?』

 

これはとても大切な事です。

 

ディズニーランドに行ってもケンカをする人もいそうです。

美味しいものを食べに行ってもケンカをする人もいそうです。

 

逆に公園に行っても喜びを感じられる方や、美味しいものをホントに美味しいと思って食べれる方や、どこに行っても楽しみや喜びを見出せる人もいます。

 

見たのも、感じたものを良くも悪くもできるのも人間です。

事柄は変わらなくても受け取り方は人それぞれ。

自由にあなた自身がいかようにも決めることができるんです。

 

これが『世界観』かも知れません。

 

そして、今この瞬間に喜びを見出すことができた時、『感謝』が生まれてくるのかも知れません。

目に映るもの、体験するもの、これをどの様に捉えるのか?

どんな思考を目を通して外を見るのか?

これも『幸せ』を感じるためには必要な事かも知れませんね。

 

本日も最後までご覧いただき誠にありがとうございました!

感謝が喜びに変わりますよ~に!!

桜井塾からのお知らせ

今月のセミナー及び無料体験説明会のお知らせ

今月のカウンセリングのご予約状況

お問い合わせは

☎011-252-9588

✉info@teamfree.main.jp


 

 

感謝・ありがとう!毎日思っても何もいいことない!そんな人がやっていること

感謝をしてもいいことがない!そんな人がやっている3つの事とは・・・・・・・・・・・

 

 

本日も塾長ブログにお越しいただき誠にありがとうございました。

3月18日 札幌 桜井塾の思考パターンを変える塾長ブログへようこそ!!

 

『感謝をする』

感謝をすると幸せになれそう!

感謝をすれば豊かさがやってくる!

 

最近いいことがないんです~・・・・・・・・・・・・・・・

それは『感謝が足りないから』だよ!

 

感謝・感謝と良く耳にする言葉ですね。確かに『感謝』ができると人生いい方向に進んで行けるような気もします。

 

しかし、ここで問題が・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その問題とは?

『感謝』をしても一つもいいことなんておこらない。

『感謝』をしても何もかえってこない。

『感謝』をしても都合よく使われるだけ・・・・・・・・・・・・・

 

このような不満を耳にする機会もありますが、その人にとっては本音なのかも知れません。

では、どうしてこのような不満が出るようなことが起こるのでしょうか?

 

いつも親切な人

いつも優しい人

いつも相手を思いやり相手の立場になって考えて、相手の望みを叶える様な努力をする

 

こんなにいい人

 

なのに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いい人にも色々ありそうです。

とてもいい人

運のいい人

居なくていい人

都合のいい人

どうでもいい人

などなど、恐ろしいですがいい人にも色々とありそうです・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

実際過去に、私にもこんな経験もあります。

Aさんと言う人がいました。このAさんとはお仕事でもプライベートでも仲良くさせていただきていました。Aさんにはお仕事の面でもプライベートの面でも色々させていただきました。

自営業を営んでいたAさんにお客様を紹介させていただいたり、資金不足の時にもご期待には応えさせていただいたり、相談があれば時間を作らせていただきお話しを聴き、ご要望があればできる限り叶えられるように対応をしたり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

普段からこちらが何をしても反応が薄い方でしたが、いつの日かAさんは本当に感謝してるのかな?って思った時もありました。しかし、とくに見返りは求めていなかったのでそこまで気にはしていなかったのですが、ある時から見方が変わってしまう出来事がありました。

応援させていただきた資金も・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

突然姿を消してしまった・・・・・・・・・・・・・・・

まだ若いころの出来事でしたが、それ以来人を見る目が少し変わってきました。もちろん初めは人を信用しない!

そんなことを思っていた時期もありました。

私は職業柄、若い時から心理学の勉強を現場でしておりました。

これは当時、接客業やセールスなどのお仕事をしていることもあり、上司から心理学の本を手渡されてから興味を持ち勉強をしだしたのですが、もともと子供の頃から人の気持ちなどには興味があったこともあり、お仕事でもどんどん成績を上げて結果を出していきました。

 

突然消えたAさん

この時をきっかけに色々なことが私を大きく変えることになるんです。

その時は人を信じるのはやめよう。そう思いしばらくの時期が経ったころに一つの気づきが・・・・・・・・・・・・・

私の周りの人たちの態度に変化が出てきたんです。

なんか、距離が出たような・・・・・・・・・・・・・

なんか自分のコミュニティーが小さくなったような・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しばらくの時期が過ぎてやっと気づいたんです。

それは

『自分が心を閉ざしてしまった』

このことで、相手も心を閉ざし壁ができてきたんですね。

いつもなら、気さくに言い合える人たちとも距離ができたような・・・・・・・・・・・・・相手もそう感じていたようです。

 

そんな時期を振り返った時、人に何かをしてもらっても『感謝どころか見返りを求めているのか?』などと疑いが出てきて、素直に喜んだりもできませんでした。

もちろん、そんなことを思っている状態では『感謝してます』『ありがとうございます』などは口だけのものだったような気がします。

 

 

毎日お経を読むように『ありがとう』『感謝してます』と言っているのですが、中々思うように生きていけません・・・・・・・・

そんなお悩みをお持ちの声をよく耳にします。

 

本当に『感謝』ができる時

その時にはどの様な行動をとるのか?

少し考えてみても良さそうです。

 

『感謝してます』と言葉に出すことは簡単にできる人もいるのかも知れませんが、行動はどうでしょう?

『気持ちの問題だから・・・・・・・・・・』そんなことを言う人もいそうですね。

 

ただ、その気持ちだけで『感謝』していることになるのでしょうか?

 

人が本当にありがたい

本当に感謝するとき

 

おそらく誰かに喜ばれるようなことをしたりする人もいるかもしれませんね。

 

してもらう。してあげる。

この『バランス』はとても大切なような気がします。

 

 

感謝をしてもいいことがない!そんな人がやっている3つの事とはどんなことか?

1・口だけ

2・行動が伴わない

3・与えることがない

 

口では『感謝してます』と言いながらも、気持ちが大切だからと言いながら人には何もしてあげようとしない。

 

これでは何万回『感謝してます』『ありがとう』などと言っても人生変わらないような気もします。

 

以前の私も与えることを拒んでいた時期がありました。

どんなに親切にしても、どんなに与えても自分は何もしてもらえない・・・・・・・・・・・・・

そんなことを思っていた時期もありました。

しかし、ある時にまた気づいたことがあるんです。

 

これは桜井塾で開催している資格取得講座でお伝えしていることですが・・・・・・・・・・続きはこちらから

 

世の中には満たされている人もそうでない人も存在するのかも知れません。

 

例えば

あなたがアメを2つ持っていたとしましょう。

目の前の相手(Aさん)は何も持っていませんでした。2人はお腹がしてきました。そこであなたは自分が持っているアメを目の前の相手(Aさん)に1つあげました。

そして数か月後、Aさんに再会をしました。そこでまたお腹がすいてきましたがAさんは何も持っていませんでした。たまたまあなたはアメを2つ持っていたのでAさんに1つあげました。

 

これは私のコーチング講座や心理学講座、メンタルカウンセラー養成講座などでもよくお話しをすることなんですが、何ももっていないAさん。このAさんがいつまで経っても人に分け与える分がなければあなたがどんなに与えても返ってくる確率はかなり低いです。

 

ここで大きく4つに分けると

1・余裕があるのでひたすら与え続ける

2・自分の分がなくなってでも与える

3・与えても何もかえって来ないので与えない

4・与えると返してくれる人に与える

 

全てをはっきり分ける必要はないと思います。

人にいいことをしていればどこかで回りまわってかえってくるから・・・・・・・・・・・・・・・・・

昔に聴いたことがある言葉です。

 

しかし、実際はどうなのでしょう?

自分がどこでも与えていれば、全く別の人、別の所から返ってくるのでしょうか?

それとも、そうであって欲しいと結びつけた?

 

個人的には余裕があれば目の前の人が転んでいたら無条件に手を差し伸べてあげられる人でいたいとは思います。

しかし、実際人は見ます。

 

世の中きれいごとを言われる人もいるかも知れません。

見返りなんか求めず、相手構わずいいことをするとどっかから返ってくるから・・・・・・・・・・・・・・・

 

もし、本当にそうなら、自分が

貯金100万円

月給手取り 15万円

生活費及び支払 14万円

だったとして、無職で働くの嫌い、仕事が続かない、そんな相手が70万円貸してほしい!と言ってきたら・・・・・・・・・・・・・・・・

 

あなたは30万円手元に残りますがどうしますか?

 

 

世の中色々な人がいます。

いい人もそうでない人も。

ただ、自分の人生です。

自分がストレスをためないように、与えられる時には与えられるといいのかもしれません。

しかし、与えてもらうことも必要ではないかと思います。

なので、与えてくれる人がそばにいるといいのかも知れませんね。

 

返すことができない相手に、返してもらうことを考えてしまうなら与えない方がいいのかも知れません。

返すことができない人に与える場合は、返してもらわない!そう思って与えてみると気持ちはどのように変わるのでしょう?

 

こんなにしてあげたのに!!

あの人には恩も義理もないの?

 

と思ったところで、それができない人に求めたところで自分にはなにかメリットがあるのでしょうか?

 

世の中そんな人ばっかり!

と心を閉ざしてしまうより、人を見分けることを考えてみるのも価値がありそうな気がします。

 

いつでも心はオープンがよい人生を送れそうな気もします。

ただ、世間には人をだましたり、裏切ったり、ウソをつく人もいそうです。

 

自分の心をオープンにしておかないと、信頼関係を気付くのも困難になりそう・・・・・・・・・・・・・・

新しい仲間ができるのも難しそう・・・・・・・・・・・・・・・

 

あの人なんだか話ずらい・・・・・・・・・・

逆にあの人何考えてるんだか分からない・・・・・・・・・・・・・・・

 

心を閉ざして自分を見せないとこんな風に捉えてしまう人もいるのかも知れません。

 

世の中にはいろんな人がいて勉強になることもたくさんありそうです。

狭い中にいるより、広がっていった方が固定観念も少なくなってきそうです。

自分自信の世界観も変わりそうな気がします。

価値観や世界観が変わり、そして広がって行くとあなたの人生は今までと何か変わりそうですか?

 

執着をするのも自分自身の世界観の狭さからきているのかもしれません。

 

もしかしたら、心はオープンにして人を見て対応を変える方が価値が高くなるのかもしれませんね。

 

感謝をしてもいいことがない!そんな人がやっている3つの事とはどんなことか?

1・口だけ

2・行動が伴わない

3・与えることがない

 

できれば、『感謝をしたらそのように行動もする』

このことを心がけてみると少し変わるのかも知れませんね。

 

してもらうばっかり

してばかり

 

『バランス』がとても大切なような気がします。

 

本日も最後までご覧いただき誠にありがとうございました!

明日も感謝したらそれなりの行動がとれますよ~に!!

桜井塾からのお知らせ

 

今月のセミナー及び無料体験説明会のお知らせ

今月のカウンセリングのご予約状況

お問い合わせは

☎011-252-9588

✉info@teamfree.main.jp


こんな質問をしてませんか?質問をする時に大切なこととは?

その質問はなんのために?もしかしてこんな質問してますか?

本日も当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。

3月17日 札幌 桜井塾の思考パターンを変える塾長ブログへようこそ!!

 

『質問』

数年前からコーチングなどでも取り上げあられて話題になりました『質問』

色々な質問方法があるのかも知れませんが、どんな質問をしたとしても『共通』しているとっても大切なことがありそうです。

それが分かっていない限りその先に大きな分かれ道がありそうな気もします。

 

 

なぜ、質問は成果を発揮するのか?

私の所でも米国NLP(TM)協会認定資格取得講座をおこなっております。このNLPで一番初めに出来たスキルがあります。数多くあるNLPのスキルの中にあるものに

『質問』

と言うスキルがあります。NLPでは『メタモデル』と言う『質問』のスキルがあり、NLPではこの『質問』のスキルが一番初めにできたと言われています。

 

NLPには他にもコミュニケーションに役立つスキルが色々とあり・・・・・・・・続きはこちらから

 

桜井塾で開催している資格取得講座にはコーチングやカウンセリングなどの講座もありますが、やはりどちらも『質問』だけは欠かせないスキルとなっています。

 

 

桜井塾ではお悩みを抱えてお困りの方に無料相談も受け付けております。

 

 

ではこの『質問』をする時に最も大切な事とはどんなことなのか?

それは

『何のためにその質問をするのか?』と言うことです。

 

資格取得講座も増え『質問』と言う言葉も良く耳にします。アドバイスではなく『質問』をした方がいいんですよね?

 

ただ、ここで少し疑問が・・・・・・・・・・

『それ・・・・・・・・何のために質問してみたんですか?』こんな疑問を抱く機会も多いのが現状です。

 

『いえいえ、質問をして相手の潜在意識から必要な気づきを・・・・・・・・』

こんな言葉も良く耳にします。

潜在意識?

気づき?

・・・・・・・・・・・・・・?ちょっと疑問が・・・・・・・・

 

潜在意識か顕在意識は別として相手に気付きを与えることができる一つに『質問』もあると思います。ただ、質問だけが気づきを与えるわけではございません。

ただ、気づきを与えやすいのは事実かも知れません。

 

しかし、桜井塾でおこなっているメンタルカウンセラー養成講座でもいつも言っている事なのですが、物事には順序がございます。

気づきを与えるにも順序が必要な時もあります。これはめちゃくちゃな質問をしても与えられるかどうかは分かりません。しかし、気づきを与える確率を高めるにはそれなりのプロセスがありそうです。

 

 

どんなにいい質問をしたとしてもタイミングが違ければどうでしょう?タイミングなんて関係あるの?と疑問に思われる方ももしかしたらいるのかも知れませんね。

例えば

『こんにちは~・・・・・・初めまして○○です。では早速あなたはどんな風になればいいと思いますか?』

会って行きなりそんなことを言われて、もともと考えていれば別かも知れませんが、答えられない人も知るかも知れません。または、『それが分からないから来たんですけど・・・・・・・・』こんな方もいるかも知れません。

『答えはあなたの中にある!』

『ほら考えてみて』

もし、これで答えられるなら来なくてもよかったみたいな・・・・・・・・

ってゆーかそれが分からないから来たんです!!こっちの方が多そうです。

極端な例えをしましたが、『タイミング』が関係なければ始めに言っても同じことです。そうでなければタイミングは必要だと言うことですね。

 

相手に気付きを与えて行くには順序も必要です。

『あなたはどうなればいいと思っているの?』と質問をしても、そもそも『なんであなたに言わなきゃいけないの?』って相手が思っていたらどうでしょう?

 

これはコーチング講座を受ける人が増えた時にも良く耳にしたことですが『とにかく質問あるのみ!』って言っている方をよく見かけて記憶があります。

私は多くの部下を育成したこともありいつも疑問に思っていました。

その質問に答えてもらえる自分なのか?

まず、ここはとっても肝心です。

これは部下からよく相談を受けていた時にも言っていたことなのですが、部下が言うことを聞いてくれないと主任や課長が言うんです。

そこで私は思っていました。

『まず、部下に言うことを聞いてもらえる自分なのか?』と言うことです。

 

コーチングをしてもカウンセリングをしても同じです。

 

これが資格取得講座やセミナーなどで耳にする

『信頼関係』と言うことです。

 

よく信頼関係と言うと好きなものが一緒、趣味が合う、話しが合うと言われる方がいますが、プライベートの時にはそれでもいいのかも知れませんが、コーチングやカウンセリングなどの場合にはどうなのでしょう?

 

この場合の信頼関係は、出来れば

この人に話しをすれば気づきが得られるかもしれない、そんな期待、そしてそこへの信頼

この『信頼関係』が必要なような気がします。

 

なので、人に気付きを与える!だから質問をする!

の前に、それができる人だ!という信頼を得るのが先になるような気がします。

 

質問で相手に気付きを与えようと思ったら少なからず本音を言える相手にはなっておきたいような気がします。

 

そして、なぜ?どうして?などの用語も場合によってはあまり使わない方がいい時もありそうです。

なぜ?なんで?どうして?そんな質問をする時にはポジティブなことで使ってあげるのもいいのかも知れませんね。

 

例えば

なんでそんなに上手にできるんです?

どうしてそんなにきれいなんですか?

 

こんな感じだと相手もあまり嫌な気分にはならないかも知れませんね。(ステートも忘れずに)

顔が引きつった状態で聞いても・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

本日も最後までご覧いただき誠にありがとうございました!

明日も良い気づきがありますよ~に!!

桜井塾からのお知らせ

今月のセミナー及び無料体験説明会のお知らせ

今月のカウンセリングのご予約状況

お問い合わせは

☎011-252-9588

✉info@teamfree.main.jp