読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

札幌市中央区 桜井塾の不安や心配これで悩みは解消する!

札幌市中央区の桜井塾では、不安や心配など悩みを抱えた方の心がスッキリするスキルやノウハウを提供するブログです。

感謝・ありがとう!毎日思っても何もいいことない!そんな人がやっていること

感謝をしてもいいことがない!そんな人がやっている3つの事とは・・・・・・・・・・・

 

 

本日も塾長ブログにお越しいただき誠にありがとうございました。

3月18日 札幌 桜井塾の思考パターンを変える塾長ブログへようこそ!!

 

『感謝をする』

感謝をすると幸せになれそう!

感謝をすれば豊かさがやってくる!

 

最近いいことがないんです~・・・・・・・・・・・・・・・

それは『感謝が足りないから』だよ!

 

感謝・感謝と良く耳にする言葉ですね。確かに『感謝』ができると人生いい方向に進んで行けるような気もします。

 

しかし、ここで問題が・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その問題とは?

『感謝』をしても一つもいいことなんておこらない。

『感謝』をしても何もかえってこない。

『感謝』をしても都合よく使われるだけ・・・・・・・・・・・・・

 

このような不満を耳にする機会もありますが、その人にとっては本音なのかも知れません。

では、どうしてこのような不満が出るようなことが起こるのでしょうか?

 

いつも親切な人

いつも優しい人

いつも相手を思いやり相手の立場になって考えて、相手の望みを叶える様な努力をする

 

こんなにいい人

 

なのに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いい人にも色々ありそうです。

とてもいい人

運のいい人

居なくていい人

都合のいい人

どうでもいい人

などなど、恐ろしいですがいい人にも色々とありそうです・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

実際過去に、私にもこんな経験もあります。

Aさんと言う人がいました。このAさんとはお仕事でもプライベートでも仲良くさせていただきていました。Aさんにはお仕事の面でもプライベートの面でも色々させていただきました。

自営業を営んでいたAさんにお客様を紹介させていただいたり、資金不足の時にもご期待には応えさせていただいたり、相談があれば時間を作らせていただきお話しを聴き、ご要望があればできる限り叶えられるように対応をしたり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

普段からこちらが何をしても反応が薄い方でしたが、いつの日かAさんは本当に感謝してるのかな?って思った時もありました。しかし、とくに見返りは求めていなかったのでそこまで気にはしていなかったのですが、ある時から見方が変わってしまう出来事がありました。

応援させていただきた資金も・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

突然姿を消してしまった・・・・・・・・・・・・・・・

まだ若いころの出来事でしたが、それ以来人を見る目が少し変わってきました。もちろん初めは人を信用しない!

そんなことを思っていた時期もありました。

私は職業柄、若い時から心理学の勉強を現場でしておりました。

これは当時、接客業やセールスなどのお仕事をしていることもあり、上司から心理学の本を手渡されてから興味を持ち勉強をしだしたのですが、もともと子供の頃から人の気持ちなどには興味があったこともあり、お仕事でもどんどん成績を上げて結果を出していきました。

 

突然消えたAさん

この時をきっかけに色々なことが私を大きく変えることになるんです。

その時は人を信じるのはやめよう。そう思いしばらくの時期が経ったころに一つの気づきが・・・・・・・・・・・・・

私の周りの人たちの態度に変化が出てきたんです。

なんか、距離が出たような・・・・・・・・・・・・・

なんか自分のコミュニティーが小さくなったような・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しばらくの時期が過ぎてやっと気づいたんです。

それは

『自分が心を閉ざしてしまった』

このことで、相手も心を閉ざし壁ができてきたんですね。

いつもなら、気さくに言い合える人たちとも距離ができたような・・・・・・・・・・・・・相手もそう感じていたようです。

 

そんな時期を振り返った時、人に何かをしてもらっても『感謝どころか見返りを求めているのか?』などと疑いが出てきて、素直に喜んだりもできませんでした。

もちろん、そんなことを思っている状態では『感謝してます』『ありがとうございます』などは口だけのものだったような気がします。

 

 

毎日お経を読むように『ありがとう』『感謝してます』と言っているのですが、中々思うように生きていけません・・・・・・・・

そんなお悩みをお持ちの声をよく耳にします。

 

本当に『感謝』ができる時

その時にはどの様な行動をとるのか?

少し考えてみても良さそうです。

 

『感謝してます』と言葉に出すことは簡単にできる人もいるのかも知れませんが、行動はどうでしょう?

『気持ちの問題だから・・・・・・・・・・』そんなことを言う人もいそうですね。

 

ただ、その気持ちだけで『感謝』していることになるのでしょうか?

 

人が本当にありがたい

本当に感謝するとき

 

おそらく誰かに喜ばれるようなことをしたりする人もいるかもしれませんね。

 

してもらう。してあげる。

この『バランス』はとても大切なような気がします。

 

 

感謝をしてもいいことがない!そんな人がやっている3つの事とはどんなことか?

1・口だけ

2・行動が伴わない

3・与えることがない

 

口では『感謝してます』と言いながらも、気持ちが大切だからと言いながら人には何もしてあげようとしない。

 

これでは何万回『感謝してます』『ありがとう』などと言っても人生変わらないような気もします。

 

以前の私も与えることを拒んでいた時期がありました。

どんなに親切にしても、どんなに与えても自分は何もしてもらえない・・・・・・・・・・・・・

そんなことを思っていた時期もありました。

しかし、ある時にまた気づいたことがあるんです。

 

これは桜井塾で開催している資格取得講座でお伝えしていることですが・・・・・・・・・・続きはこちらから

 

世の中には満たされている人もそうでない人も存在するのかも知れません。

 

例えば

あなたがアメを2つ持っていたとしましょう。

目の前の相手(Aさん)は何も持っていませんでした。2人はお腹がしてきました。そこであなたは自分が持っているアメを目の前の相手(Aさん)に1つあげました。

そして数か月後、Aさんに再会をしました。そこでまたお腹がすいてきましたがAさんは何も持っていませんでした。たまたまあなたはアメを2つ持っていたのでAさんに1つあげました。

 

これは私のコーチング講座や心理学講座、メンタルカウンセラー養成講座などでもよくお話しをすることなんですが、何ももっていないAさん。このAさんがいつまで経っても人に分け与える分がなければあなたがどんなに与えても返ってくる確率はかなり低いです。

 

ここで大きく4つに分けると

1・余裕があるのでひたすら与え続ける

2・自分の分がなくなってでも与える

3・与えても何もかえって来ないので与えない

4・与えると返してくれる人に与える

 

全てをはっきり分ける必要はないと思います。

人にいいことをしていればどこかで回りまわってかえってくるから・・・・・・・・・・・・・・・・・

昔に聴いたことがある言葉です。

 

しかし、実際はどうなのでしょう?

自分がどこでも与えていれば、全く別の人、別の所から返ってくるのでしょうか?

それとも、そうであって欲しいと結びつけた?

 

個人的には余裕があれば目の前の人が転んでいたら無条件に手を差し伸べてあげられる人でいたいとは思います。

しかし、実際人は見ます。

 

世の中きれいごとを言われる人もいるかも知れません。

見返りなんか求めず、相手構わずいいことをするとどっかから返ってくるから・・・・・・・・・・・・・・・

 

もし、本当にそうなら、自分が

貯金100万円

月給手取り 15万円

生活費及び支払 14万円

だったとして、無職で働くの嫌い、仕事が続かない、そんな相手が70万円貸してほしい!と言ってきたら・・・・・・・・・・・・・・・・

 

あなたは30万円手元に残りますがどうしますか?

 

 

世の中色々な人がいます。

いい人もそうでない人も。

ただ、自分の人生です。

自分がストレスをためないように、与えられる時には与えられるといいのかもしれません。

しかし、与えてもらうことも必要ではないかと思います。

なので、与えてくれる人がそばにいるといいのかも知れませんね。

 

返すことができない相手に、返してもらうことを考えてしまうなら与えない方がいいのかも知れません。

返すことができない人に与える場合は、返してもらわない!そう思って与えてみると気持ちはどのように変わるのでしょう?

 

こんなにしてあげたのに!!

あの人には恩も義理もないの?

 

と思ったところで、それができない人に求めたところで自分にはなにかメリットがあるのでしょうか?

 

世の中そんな人ばっかり!

と心を閉ざしてしまうより、人を見分けることを考えてみるのも価値がありそうな気がします。

 

いつでも心はオープンがよい人生を送れそうな気もします。

ただ、世間には人をだましたり、裏切ったり、ウソをつく人もいそうです。

 

自分の心をオープンにしておかないと、信頼関係を気付くのも困難になりそう・・・・・・・・・・・・・・

新しい仲間ができるのも難しそう・・・・・・・・・・・・・・・

 

あの人なんだか話ずらい・・・・・・・・・・

逆にあの人何考えてるんだか分からない・・・・・・・・・・・・・・・

 

心を閉ざして自分を見せないとこんな風に捉えてしまう人もいるのかも知れません。

 

世の中にはいろんな人がいて勉強になることもたくさんありそうです。

狭い中にいるより、広がっていった方が固定観念も少なくなってきそうです。

自分自信の世界観も変わりそうな気がします。

価値観や世界観が変わり、そして広がって行くとあなたの人生は今までと何か変わりそうですか?

 

執着をするのも自分自身の世界観の狭さからきているのかもしれません。

 

もしかしたら、心はオープンにして人を見て対応を変える方が価値が高くなるのかもしれませんね。

 

感謝をしてもいいことがない!そんな人がやっている3つの事とはどんなことか?

1・口だけ

2・行動が伴わない

3・与えることがない

 

できれば、『感謝をしたらそのように行動もする』

このことを心がけてみると少し変わるのかも知れませんね。

 

してもらうばっかり

してばかり

 

『バランス』がとても大切なような気がします。

 

本日も最後までご覧いただき誠にありがとうございました!

明日も感謝したらそれなりの行動がとれますよ~に!!

桜井塾からのお知らせ

 

今月のセミナー及び無料体験説明会のお知らせ

今月のカウンセリングのご予約状況

お問い合わせは

☎011-252-9588

✉info@teamfree.main.jp